P.P.

Photograpark

Journey with FUJIFILM

ついにX-T2とXF50mmF2を購入!レビューと試し撮りもしてみました


 どうもこんばんは

随分前から呪われたようにX-T2、X-T2とぼやいていた私ですがついに購入しました

しかも今回はX-T2だけではなく最近発売したXF50mmF2も同時に購入したのでレビューしていきたいと思います

 

XF50mmF2

開封とデザイン

とりあえず開封の儀から(今更ですが)

このレンズを覆ってる袋の音大好きです

デザインは他のF2シリーズと同じく先細りデザイン

最初はX-T系とは似合わないかなとも思っていましたが最近は逆に好きになってきました

今回気になったのがこのフード

XF35mmF2のフードはあるのかわからないくらいのフードでしたがXF50mmのフードはカチッとハマってしっかりとしたフードなのでかなり好感触

正直他のレンズもこういうのがいいですね

クリック感もいい感じ でもF2シリーズは全体的に少し硬めな感じ

T-1との組み合わせで申し訳ありませんがご参考に

正直かなりかっこいい

 XF50mmF2の注意点

AFも速く、そして軽いXF50mmですが個人的に「絞り羽根の音」が少し問題に感じます

 

具体的に言うと

・電源オン/オフ

・明暗差が異なる場所にAFする

などの場合に絞り羽根が動くのでシャッシャッという少しうざったい音がします

XF35mmF2でもすることはするのですが、どっちかというとモーターのような少し重めな音なので気になりませんでした

 

実際これにはかなり個体差があると思いますのであくまで「私の場合は」とさせていただきます

実際使っているとそこまで気にならないのでいいのですが・・・まぁ慣れですね

 

 

 

 

X-T2

デザインとX-T1との比較

毎度のごとくマップカメラさんから購入。ぜひ買うならヤフー店をオススメします

デザインはX-T1とは正直大差ないのでXF50mmとの一枚を

本題はこちらT1との比較です。正直今更感ありますが精一杯書いていきます

X-T2を初めて触った感想は「で、でかい・・・」でした

画像で見ると大差ないように見えますが触ると一回りは違うと感じるほどでした

上から見るとその差は歴然です

今更性能うんぬん書いても蛇足感が否めないので私なりの比較をしていこうと思います

【T2の優れた点】

・シャッターフィーリングがT1とは大違い!

・軍艦部の操作性が向上

・T1より大きいのにT1より軽く感じる

・親指AFができる

・電源がつけやすい(軽い)

【T1の優れた点】

・露出ダイアルが回しやすい&クリック感がいい

・T2よりコンパクト

 

正直矛盾しているのではないかという部分がありますが説明していきます

シャッターフィーリング

T1とT2を比較する上で私が何よりも重要だと思うのがシャッターフィーリング、これに限ります

簡単な話、T1だと「バチュン」という感じの重たいシャッターなので気持ちよくないんですよね

T2だと「バシュッ」と非常に心地良いシャッターなので楽しく撮影ができます

小さいように見えて私にはここが一番重要だったので比較してみることをオススメします

重さ

画像から分かる通りT2のほうが大きいのですが持ってみると「あれ・・・T2のほうが軽く感じる・・・」となりました

なわけないだろと思うかもしれませんがバランスが良くなったおかげかT2のほうが軽く感じます

 

実際T1のサイズ感が私的に大好物だったのですが小指が余ってしまっていたのでホールド感を考えるとT2の大きさがベストなのかもしれません

露出ダイアル

T2の唯一の難点が露出ダイアルです

これは好みもありますがT2のダイアルは固くて回しにくいんですよね・・・

露出ダイアルは軍艦部で一番触れる部分ですので私的には一番困った問題です

 

T1とT2撮り比べ

比較というほどではありませんが簡単な参考にT1とT2で写真を撮ってみました

まずはこちらT1とXF50mmの組み合わせから(F2, ISO1600, SS125,Classic Chrome)

次はこちらT2とXF50mmの組み合わせ(F2, ISO1600, SS125, Classic Chrome)

正直こんな甘々な環境では違いはでませんね。それでは拡大してみます

T1

T2

 

拡大してみるとT2のほうが全体的にハッキリしていますね

ちなみに同条件にして絞り優先で撮影してみるとT2のほうが少しばかりSSが早いのでT2のISOの実効感度がいいのかもしれません

 

T2 & XF50mmF2 撮って出し作例

散歩がてら新宿と天王洲にT2と50mmの組み合わせで撮影してきたのでご参考にしてください

設定はClassic Chromeでカラーやシャドーなど全て0のまま、DRは400です

 

みんないい写真が撮れる思い出横丁です

少しアンダー目ですがDR400だと黒が粘ります

XF35mmF2にも似た自然な描写・ボケです

平凡な一枚ですが、F2の浮き出てくる立体感は流石です

個人的にベストな一枚

天王洲アイルです 

特にこれといったものはありませんが

 

最後に

最近はマンネリ化していて撮影から少し遠のいてましたが撮影を始めると楽しくなっちゃいます

T2とX100Fの二台体制になり、どちらも撮影していて非常に楽しいカメラたちなのでモチベーションが保てそうです

 

現像もめちゃくちゃ迷走していたのでT2の撮って出しのような現像を心がけていこうと思います

それでは

 

 

 

【5-Photo】機材と被写体、X100FとX-T1


2017年3月 横浜星の見える丘公園にて

 

 

色々なサイトで書かれていることに私としては少し疑問を感じている

良い機材を買ったからと言っていい写真を撮れるわけではないということについてだがまぁちょいと説明を省きすぎかなと

自分としては平凡な写真でもその写真が物凄い解像度してたら目を奪われる場面もありますしそれで成り立っている写真もあるんではないかと

 

あと自分のようなのには被写体を選ぶことが重要だなと

センスがある人はあらゆるところからいい写真を撮りますが、殆どは美しい・かっこいい被写体、場所から写真を構成しているので個人的にいい写真を撮りたいならいい場所へ行くべきだが持論

まぁ当たり前ですけど・・・人と風景の構成で撮りたいのでもそれに適した場所が必要です

 

綺麗な風景をより良く撮るために良い機材が必要なのも事実です

なのでX-T2が欲しい X100Fに触れるようになってより感じるようになりましたね

X100Fをサブカメラにして本気撮り以外はサブを使おうと思っていましたが実際そうはなりませんでした

X-T2に23mmを付けない限りはどっちも持ち出したくなってしまうというのが本音です

それでもX-T1を持っているのはクラシッククロームの色がX-T2よりいい、ただその一点のみです・・・

 

 

【Photoset】お台場「The SOHO」にて


 お台場the SOHOにて