P.P.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P.P.

-PhotograPark-

富士フィルムのX20を売却して考えた、サブカメラというもの


 

f:id:dak2park:20170306001914p:plain

 

どうもこんばんは

今まで長野旅行やちょっと外出る時などに愛用させてもらっていた富士フィルムのコンパクトカメラX20を売却致しました

非常に悲しく、翌日には治りそうなほどの心的外傷を負いながらの決断でしたが色々な理由がありました

 

ezogeek.hatenablog.com

 

 

 

 

そこでこの記事では

・なぜX20を手放したのか

・サブカメラの使い道

・次なるサブカメラは?

などについて書いていきたいと思います

 

なぜX20を手放したのか

 

はいそれでは根本的な話として何故手放したのか?ということです

これを読まれている皆様も色々な理由があって売るという決断をされるのでしょうが私なりの考えを書いていきます

 X20の立ち位置の曖昧さ

これが一番の理由だと思います

タイトルを見ただけではお前の書き方のほうが曖昧だと言われてしまいますのでご説明します

 

X20の立ち位置は私的には【ポケットには入らないけどそこそこは写るカメラ】という認識でした

コンパクトカメラにもフルサイズからAPS-Cや1インチ、そしてX20のような2/3型といった様々なセンサーサイズがある程度の大きさのカメラの中に搭載されています

 

コンデジという枠組みで簡単に考えると

【1】・凄い写りがいいけどポケットには入らないカメラ

         ・凄い写りでポケットにも入るカメラ

【2】・良く写るけどポケットには入らないカメラ

         ・良い写りでポケットにも入るカメラ

【3】・そこそこ写るけどポケットには入らないカメラ

         ・そこそこ写りでポケットに入るカメラ

---------------------------------------------------------------------

基本的にはこんな感じだと思っています

 

 

ここからX20の立ち位置を考えると

【1】・凄い写りがいいけどポケットには入らないカメラ ←フルサイズ・APS-C

         ・凄い写りでポケットにも入るカメラ ←APS-C

【2】・良く写るけどポケットには入らないカメラ ←(1インチ)

         ・良い写りでポケットにも入るカメラ ←1インチ

【3】・そこそこ写るけどポケットには入らないカメラ ←X20

         ・そこそこ写りでポケットに入るカメラ ←XQ2

 

っていう立ち位置だと感じました

【1】のグループにはポケットには入らない組としてSONYのフルサイズコンデジ富士フィルムのX100Fなどがあります(でかい人なら入る?)

これなら入らなくても凄い写りに納得して首にかけるなんてことは何の抵抗感もありません

ポケットに入る組でもRICOHのGRや富士フィルムのX70などがあり高画質をポケットに携帯できます

 

ここで最大の問題となるのはポケットに入る1インチコンデジとXQ2という存在です

1インチセンサーに関してはX20も写りに関しては優秀でしたがやはりポケや画質では及びません

画質が良くてポケットに入る。この2つはコンデジという存在において手軽さと性能を考えれば圧倒的です

 

そして極めつけはXQ2という存在

ファインダーの有無やその他諸々に違いはありますが性能はそんなに変わらないXQ2でしたが

X20と比べて違うのがポケットに入り、そしてクラシッククロームがあるということです

 

これを考えるとX20を使う必要性がないように感じてしまったのです

ファインダーはパララックス補正ないし・・・ポケットないから気軽さが薄いし・・・

みたいな邪悪な思考がよぎり今回に至ったわけです

持ち歩くのかな本当に

売った理由としてぶっちゃけた話、金銭確保ということもありました

元々金がないやつがメインカメラの他にサブカメラも持とうなんてのはふざけた話ですからね

 

それ以上に金が無い自分はどれくらいサブカメラを使うのだろうとも考えました

撮りたい場所に行くのなら間違いなくメインカメラとレンズを持ち出すでしょうし、撮りたくもない場所にはあまり行かないでしょう

とすると偶発的に行くことになったよく知らない場所にサブカメラを持っていくか、日常的に持って過ごすかの2つになります

前者はともかくとも私が日常を過ごして、行き来している土地は非常につまらない場所であり京都市在住とかならともかく、撮るような場所があるだろうかともなんとも悲しく考えました

 

そして俺は本当にあと何度も旅行をするのか・そこまで出かけるのか・時間があるのかなどなども考え、今は少しサブカメラという存在に難儀しているところであります

 まぁ全ては金銭的余裕のない者の悩みです

 

でも買えるなら欲しいサブカメラ

存在に悩んではいてもお金があるならそりゃ欲しいわけです

妄想も兼ねて気になっているサブカメラをピックアップしていこうと思います

FUJIFILM X100F

 

 

今一番気になっているのは間違いなくこのX100Fです

スペックについては今更なので言いませんがこれほど撮影とスタイリッシュが絡み合ったものはないと感じました

ストリートの撮影動画なんか見ていると手に馴染んでいるようにも見えます(にわかの意見)

調べていく内に「私もモノクロでストリートフォト撮りたいなぁ」と悶々させられました・・・

 

X100FはX-pro2を詰め込んだかのような魅力の爆弾ですね

これがあればX-T1のままでもいいかも・・・?それはないか・・・?いや・・・

ああ気が狂いそう

 

 何より公式の動画が卑怯ですよ欲しくなるに決まってますよこんなん


X100F: Matt Hart x Street Photography / FUJIFILM


X100F: Rommel Bundalian x Travel / FUJIFILM


X100F: Patrick La Roque x Street Photography / FUJIFILM

 

まぁ私じゃこんな素敵なの撮れないでしょうが・・・

他にも色々あるので見てみてください

 

FUJIFILM X70

 

FUJIFILM デジタルカメラ X70 シルバー X70-S
 

 

早くも製造終了となりX80が出るのではと噂されるX70です

正直X100Fを見た後では少しインパクトには欠けますがそれでもなお魅力的です

デザインもさることながら、高画質をポケットサイズにし、お値段も中古なら6万円台とお得です

 

ファインダーがないのは悔やまれますがサイズを考えるとそれは当たり前な話ですね

ただストリート写真を撮るならやはりファインダーがないと私的には嫌です

 

多分X80ではアクロスやジョイスティックなど様々な要素盛り込んでくるんでしょうねー

今後に注目です

 

XQ2

 

FUJIFILM デジタルカメラ XQ2 シルバー XQ2S
 

 

また出ましたXQ2です

2万円ぐらいで携帯性を兼ね備えてそこそこ撮るならこいつでしょうという感じですね

なら最初からこれを買えばよかったんじゃ・・・

 

サブカメラという存在に耐えかねて、なおもお金と相談するなら今の私にとってこれがベストでしょう

 

まとめ

というわけで大きさと性能の比率やお金の事情もあり売り払ったX20でした

サブカメラの存在はその人の行動でかなり左右されるので難しい所です

 

私の場合、X100F買ったらX-T1はどうするの?X-T2やXF56mmを買うんじゃなかったの?本当に使い切れるの?

といった進研ゼミ状態ですが今現在ある諭吉7枚とよくご相談ですね

 

というか本音で書くと

もうX-T2とかより欲しい!もう知らねぇ!といった気持ちです

買って喜ぶ私と支払いに苦しむ私は別人なのでもう楽しめばいいんじゃないかな(他人事)

 

最後に

お金、貯めよう!

 あと、最近bっくマークなどをしてくださることもありアクセス数が増えて、日頃から見ていただいている方には感謝感謝です・・・

 

 

それでは

 

また気まぐれでTwitter始めました


どうもこんばんは

いきなりですがまた気まぐれで新しいSNSを始めました

そう、ツイッターです。

 

また続きもしないのに始めたのかって感じですがまぁやってみるだけタダですし・・・

 

なお今の写真系サイト・SNS現状

PHOTOHITO : × → なんか別にいいかなという感じ。いつかやるかも

・PASHADELIC : × →うーん別にいいかなという感じ

Instagram : △ → タグとかだるいなぁ いや悪くはないけど

・500px : ○ → なんかいいかも

といった三日坊主っぷり

はてなブログでさえ手に負えてないですからね・・・文才の無さが原因だと推測。

 

 

それはさておき、少なからずTwitterからこのサイトへの流入もあるにはあるので

いつもどうやって入ってきてるんだろ・・・?と疑問でしたが優しい方々がブックマークなどを通してツイートしてくださることもあり流入しているようでした・・・

 

ありがたいことですよ本当に。私自身このブログの魅力を言えと言われてもわからないですからねぇ

 

そんな経緯もあり始めて見てもいいかなと思い、とりあえずアカウントを作成。

twitter.com

面白い写真とか渋い写真とか幅広く投稿する所存です(意気込み)

 

始めたばかりですのでこのブログの読者さんのツイッターとか全然わからないので

もしアカウントがあればコメントなどで教えていただけるとありがたいです

 

いつまで続くかわかりませんがもし交流する機会があればぜひぜひ・・・

 

 

それでは

VSCOで彩る二月京都 : その三


どうもこんばんは

京都二泊三日旅行の最終記事になります

 

中学生の頃も金閣寺には行くけど嵐山の方には行かなかったので初めての嵐山になります

中心の方とは違い、賑わってはいるけど非常に落ち着いていて新鮮な気持ちになれる場所でした

なんと言っても嵐山と言ったら竹林ですよね 。それでは向かいましょう

 

花見小路

 普段は多くの人で賑わう花見小路ですが朝早めに行くとまた違う表情を見ることができます

祇園白川では滅多にやらない花撮影なんかもやってみたり

二尊院

紅葉と坂という組み合わせが素晴らしい二尊院です

境内では甘酒を振る舞ってもらい青空の下、安らぎました

嵐山と竹林

嵐山の方はまだ禿山ですが竹林の方は写真で見たままの神秘さを見せてくれました

ここも雪化粧すればまた格別の景色になるのでしょうね

化野念仏寺

もし嵐山の方の竹林が混雑していて落ち着かないということでしたらこちらがオススメ

8千体とも言われる石仏と竹林を見ながら静かな空間で落ち着くのも趣があります

清凉寺(嵯峨釈迦堂)

建物が非常に立派です 一見の価値アリです

天龍寺

今回のJR東日本の京都CMにも採用され、美しい庭園で有名な天龍寺です

ただ、全て見るには料金が高すぎる上、御朱印も予約しないとスタンプ・トイレットペーパーも有料・写真撮影が厳しいといった事情もあります

渡月橋

嵐山の顔である渡月橋です。今は河原の工事中でした

紅葉と橋が合わさり見事な風景になるのでまた訪れたいです

金閣寺

中学生の時以来の金閣寺に行きました

自分の記憶よりもより輝いていてもう直視が厳しいほどピッカピカでした(大袈裟かも)

今の金閣寺はどこぞの愚か者が放火したためレプリカのような感じですが、京都の街並みも他と変わらない住宅街のようになっているのは嘆かわしいところです

龍安寺

枯山水で有名な龍安寺です

国内外問わず多くの観光客が来るので終了時間間際が一番落ち着いて見ることができるかもしれませんね

夜の嵐山駅

夜の嵐山駅もライトアップされ非常に綺麗なのでオススメです。電車との組み合わせも合いますね

夜の京都タワー

最終日京都での最後の輝きです。XC55-230mmだとこんなにもはっきり映せるのだと少し感動

最後に

というわけで急ぎ足で駆け巡った二月京都でした

私の技量不足もあり完全に京都らしさを撮ることはできませんでしたが雰囲気だけでも味わっていただけたらなと思います

いずれまた戻ってくる時のため、私も平成の大改修を行いたいと思いました

 

 

それでは