P.P.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

P.P.

-PhotograPark-

三脚って三脚欲しくなる


 どうもこんばんは

真面目な話、三脚って三個欲しくなるんですよね

自分は現在旅行用の三脚とミニ三脚しか持ってないですが本格的な三脚も欲しいなぁ

とたまーに思うわけです。

その訳は私の三脚紹介で書いていきますか

 

SLIK スプリント GM Ⅱ MINI


 画像左のやつが一応メインを張っている三脚であるSLIKスプリントGM(ガンメタリック)

ですね。

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

SLIK 三脚 スプリント MINI II GM N 4段 旅行用三脚 106556

 

 以下仕様

f:id:dak2park:20160803184930j:plain

 仕様からこの三脚のメリットとデメリットがわかると思います。

優れている点
  1. 軽い
  2. 4段自由雲台
  3. クイックシュー

等が挙げられますね。なんといっても軽いのが大正義です。

私はX-T1を使っていますので積載重量が2kgでも何とかなっています。

望遠レンズをつけないかぎりはこのまま使っていけますね環境が厳しくなければ

それに自由雲台なので好きな構図で写真を撮ることができることに加え、クイックシューなので取り付け&取り外しがすぐにできて取り回しはしやすいかと思います。

 

不満な点
  1.  4段なので安定性にかける
  2. 自由雲台が意外とめんどくさい
  3. クイックシュー不安定コルク

はじめにこの三脚は四段まで伸ばすことができるのですが少々安定性に欠けるため

厳しい環境では難しそうですね。あとこのサイズの三脚に求めることではないですが

アイレベルまで少し足らないので狙えない構図も出てきます

 

 自由雲台なのですがネジを緩めて構図を変えるため少々めんどくさいのとすぐに

対応できないという点がありますね。

 

クイックシューも早く取り付けできるのですが安定性が欠ける点もあり、

素材がコルクでできているのでネギを緩めずに方向を変えようとすると

コルクがハゲる恐れがあります。

 

あくまでじっくり撮影&旅行三脚だと割り切る必要がありますかね。

雲台の部分だけ他のものに変えると良いという話もありますのでデザインは犠牲になりますがそれもいいかもしれません

 

Manfrotto PIXI EVO MTPIXIEVO-BK


 前モデルから進化したマンフロットのミニ三脚です。

以下仕様

f:id:dak2park:20160803192345j:plain

スペック上ではとても頼りがいのある三脚になっていますね

段数が五段となっているのは脚が小刻みに五段の調整ができるようになっており

シビアに高さを決めることができるようになっています。

 

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

 

 

また、ローポジションにも対応しておりちょっとした撮影にも使えます。



 

これはあまり意味ないかも

 

少し高くしたり


ただ利便性を求めた弊害といいますか問題もありまして、積載重量は2.5kg

ありますがやはり一眼レフを載せるのはバランスの関係から厳しそうです。

 

ミラーレスでもシャッター手押しではブレが発生する可能性があるので

レリーズでの使用をおすすめします。

他の使い方としましては、少々痛いですが胸当てでのミニ三脚の使用もできます。

f:id:dak2park:20160803193959p:plain

荷物を減らしたい時などに三脚を使い分けることができますね。

 

まとめ

 一長一短ありますねぇだから三脚が増えてしまうのでしょうね・・・

ミラーレス使いとしては長時間露出しないかぎりはこの二本でやっていけそう

ですね。NDフィルター買ったら挑戦してみましょう

 

 

それではまた

広告を非表示にする