P.P.

Photograpark

Journey with FUJIFILM

日光奥地紀行 : 中禅寺湖・明智平


どうもこんばんは

どこもかしこも混みまくりのゴールデンウィークでしたが、そんな私も日光へ行ってきました

 

みんな口を揃えて言うのが小学生の時以来だということです

私も例に漏れずそれに該当し、記憶とはまた違った風景に写ります

というか記憶の中の日光が幻想的に写りすぎていてここがあの場所なのかと再確認し

少々センチメンタルな気分の中の観光でした

 

一泊二日をツレと一緒の旅立ったのであまりいい写真はありませんが多人数との旅行とはそういうものですね

ちなみにタイトルはイザベラ・バードにちなんでいるだけで奥地には行きません・・・

 

明智平

明智光秀のトンデモ話が由来とされる明智平です。後方には男体山も控えております

二分ほどのロープウェイを上がった先の華厳の滝が魅力です

その華厳の滝も私が行った際は水量が非常に乏しく、記憶とはまた違ったものでした

逆光すぎて撮影もあれなので快晴も考えものかもしれません

中禅寺

日光山輪王寺の別院である中禅寺です

立ち木に千手観音を彫った立木観音が有名ですが古くからお偉い方々の修行場でした

以前は男体山の麓にありましたが津波によりこちらへ移転したようです

展望台から

日光の山々はまだハゲ山でしたがモノクロとの組み合わせでそれも絵になります

バスも出ているそうなので気軽に中禅寺湖を望めますね

二荒山神社 中宮

男体山の麓に構える神社であるとともに男体山への入り口でもあります

日光の大使館

日光には避暑地として外国人たちから人気があり、大使館も少し前まで使われていました

こちらの黒塗りの建築物は旧イギリス大使館別荘です

外見は非常にモダンで現代でも通じる和洋折衷が垣間見えます

こちらはイタリア大使館別荘です。外見も特殊ながら内装が最高というほかないですね

最近は洋館を巡ることも多くなりましたがその中でもかなり好みで写真欲をそそられます

最近は写真を構成する要素の組み合わせを考えています

その中でも、山×人(釣り人)×モノクロという組み合わせはマイブームです

最後に

日光の空気感に触れた一日でした

日差しが厳しい中でもアクロスが力を発揮してくれるので撮影が楽しかったです

 

次は東照宮周辺とあしかがフラワーパークについて書くつもりです

よろしければ御覧ください

 

 

それでは

広告を非表示にする